歯の治療を受けるのが心配な患者さんへ | 八王子市大塚の歯医者 入れ歯・インプラント・矯正 あきいけ歯科

歯の治療を受けるのが心配な患者さんへ

2020年4月30日

◎歯の治療を受けるのが心配な患者さんへ

歯科治療を受けたことが原因でコロナ感染が起こることは考えられません!!
『歯の治療を受けたいけど、新型コロナウイルスの感染が心配で…』とご心配されている患者さんもいらっしゃるかもしれません。
しかし、
いつも「他の感染症」においても感染予防対策を行っている歯科医院であれば、歯科治療を受けたことが原因で新型コロナ感染が起こることは考えられません!!

それは、

◎歯科医院は日頃から様々な感染症に対する万全な感染予防対策を実施

感染予防対策を行っている歯科医院は、治療の時に患者さんの唾液や血液の飛沫から、B型・C型肝炎ウイルスやHIVウイルス、様々なウイルスの感染の危険にさらされており、そのような感染症を防ぐように、完全個室診療、マスク、グローブ、ゴーグルの着用、口外バキューム、空気清浄器設置といった徹底した感染予防対策を行っています。
患者さん同士、患者さんと医療従事者、医療従事者同士の感染(交叉感染)を防ぐ対策を十分に行っております。
『あきいけ歯科医院』でも平成3年から29年間同じ思いで皆様の診療を担当させていただいております。

そのため、スタッフが患者さんから、患者がスタッフからコロナ感染を受けるということはまずありません。従って、皆さんの感染予防対策に対するご理解とご協力が必要不可欠なのです。
よろしくお願い致します。

◎スタッフや他の患者さんからの感染も起こさない対策を実施

もう一度、繰り返します!!

歯科医院は
患者さん同士、患者さんと医療従事者、医療従事者同士の感染(交叉感染)を防ぐ対策を十分に行っております。
そのため、スタッフが患者さんから、患者がスタッフからコロナ感染を受けるということはまずありません。

もし仮に、新型コロナウイルスを持っていて症状の出ていないスタッフや、患者さんがいたとしても、そこで感染が起こる危険は殆ど無いといって良いでしょう。
患者さんに触れるスタッフ(歯科医師、歯科衛生士等)は常に感染予防対策を徹底して行っていますし、仮にウイルスを持っている方(過去に気付かずに感染した疑いがある人)を治療したとしても、患者さん毎に診療台の徹底した清掃・殺菌、器具類の徹底した滅菌、ディスポーザブルの使用、空気清浄を行っておりますので、その場にウイルスが残ることはまずありません。

◎お口のケアにより「歯周病原因菌」をコントロールしてウイルス感染の危険度減少

最近の研究によると、
お口のケアをしっかりと行っている人はウイルス感染症を起こしにくくなるということがわかってきています。
これはインフルエンザに関する研究によって明らかにされたもので、口腔ケアでお口の中の細菌をコントロールすることにより、細菌が出す『タンパク質分解酵素』を利用してウイルスが体内の細胞に侵入するのを防ぐ効果があるのです。
特に『歯周病原因菌』はウイルスを体内に侵入させやすくする酵素を出すと言われています。

むしろ、こんな時こそ、しっかりとお口のケアをしておくことが大切です!!

当院でも、原則完全予約制をとらせて頂いており、通常、待合室に人が集まりすぎる状況は避けるように予約調整をさせて頂いております。
空気の換気や微酸性次亜塩素水の自動噴霧など、空気の管理も徹底して行っておりますのでご安心ください。

歯科治療で危険が増す場合というのは、

換気が悪い・・・「定期的な換気」や「微酸性次亜塩素水自動噴霧」
密集する・・・「診療予約システムの変更」「個室でのお会計・予約」
密接(近距離での会話等)・・・「口腔外バキュームの使用」「個室診療」「予約システムの変更と調整」』

などの感染予防対策をしっかりと講じていない場合が考えられます。

当院では安心して歯の治療をお受け頂けるように、平成3年開業当初より、最大限の感染予防対策を行っております。

ページトップへ