お子様のうちに気をつけていただきたいこと

お子様の健やかな成長には、乳歯がとても大切な役割を果たします。食物の栄養を効率的に吸収したり、永久歯を正しい位置に誘導したりするためには、乳歯を健康な状態に維持することが不可欠なのです。

しかしながら乳歯は永久歯に比べてやわらかいためムシ歯の進行が早く、お子様が自分で健康を管理することは簡単ではありません。そこで、お子様に正しいブラッシングを習慣づけることや仕上げみがきをしてあげるなど、保護者の方の親身なチェックやサポートがとても重要です。

お子様の歯を守るポイント

ムシ歯は、原因や進行のメカニズムが解明されているので、比較的予防の容易な病気です。ここでは、乳歯をムシ歯から守るためのポイントをご紹介します。

メリット1

食べ物や飲み物のとり方

食べ物に含まれている糖分はムシ歯菌の栄養源です。この糖分ができるだけお口の中に残らないように心がけることが大切です。毎日決まった時間に食事やおやつをとるように習慣づけましょう。また、水分補給をするならジュースは控え、水やお茶などにしましょう。
メリット2

食事やおやつの種類

お菓子など多くの食べ物にはムシ歯菌の栄養源である糖分が含まれています。最近のお菓子の中には、砂糖を使っていないものや歯の健康にいいキシリトールの入ったものが販売されていますので、取り入れてみるといいでしょう。
メリット3

食後の正しいブラッシング

食後のブラッシングを習慣づけることは、ムシ歯予防にはとても大切です。正しいブラッシングでお口の中に糖分を残さないように心がけましょう。また、保護者の方による仕上げみがきなどのケアも怠らないようにしましょう。

お子様のこんな癖に要注意

頬杖や指しゃぶりなどは、お子様が無意識のうちに行っている癖です。こういった癖を放置してしまうと歯並びや咬み合わせを乱す原因となり、お子様のお口の健康に悪影響を与えてしまう危険性があります。お子様の行動をよく観察して、気になる癖がありましたら早めに止めさせるようにしましょう。また、お子様の癖についてわからないことがありましたら、どのようなことでもお気軽にご相談ください。

頬杖 頬杖をつくことで顎への力が不均等になるため、歯並びや顎の発育に悪影響を与える場合があります。
うつぶせ寝 うつぶせや横向きに寝る癖があると、顎に余分な負担がかかり歯並びや咬み合わせを乱すおそれがあります。
指しゃぶり 指しゃぶりは前歯にかかる力が偏ってしまうため、出っ歯などの原因になることがあります。
歯ぎしり 歯の表面を削ったり、顎に過剰な負担をかけたりして、歯並びの乱れや顎関節症の原因になります。
口呼吸 舌の位置が下がるため、歯並びが乱れる原因になります。また、口の中が乾燥しやすくなるため、ムシ歯にもなりやすくなります。
爪を咬む 爪などの硬い物を咬み続けると、歯や歯ぐきに負担がかかり、歯並びが乱れやすくなります。
食べ物を丸飲み よく咬まずに丸飲みしたりやわらかい物ばかりを食べたりすると、顎の正常な発育が妨げられ、歯並びが乱れることがあります。
唇を咬む 下唇を咬み続けていると出っ歯に、また上唇を咬み続けていると受け口になりやすくなります。
舌癖(ぜつへき) 舌を常に前歯に押しつける癖を「舌癖」といい、歯並びや発音に悪影響を及ぼすことがあります。

処置方法紹介

ブラッシング指導

当院では、お子様に合った歯ブラシの選び方をはじめ、ご自宅での正しいブラッシングの方法を丁寧に指導します。保護者の方には、ブラッシングがきちんと行えたかどうかのチェック方法や効果的な仕上げみがきの指導も行います。

シーラント

奥歯には複雑な形をした溝があり、この溝の汚れは通常のブラッシングではキレイにすることは困難です。シーラントとは、この奥歯の溝に歯科用プラスチックを詰めて汚れがたまるのを防ぎ、ムシ歯を予防する処置のことです。

フッ素塗布

フッ素には歯質を強くし、歯の再石灰化を促す効果があります。歯の表面にフッ素を塗布することで、ムシ歯を予防する効果が期待できます。定期的に行うと効果的です。

過剰歯の抜歯

過剰歯とは、まれに見られる現象ですが通常の数よりも多く生えてくる歯のことです。過剰歯は歯並びが乱れる原因となったりムシ歯を招く要因となったりするため、お口の健康状態を維持するためには抜歯する必要があります。

お子様の歯のことで不安なことや分からないことがありましたら、お気軽にご相談ください。 042-677-0480

  • ページの先頭に戻る