その症状、顎関節症かもしれません

顎の関節やその付近に痛みを感じたり、口をきちんと開閉できなくなったりする症状が見られたら、それは顎関節症かもしれません。顎関節症の症状は、一時的な違和感だけで自然に治癒する場合や慢性的な顎の痛みが続く場合など患者様によってさまざまです。

顎関節症は、悪化すると異変は顎周囲だけに留まらず、頭痛や肩こりを誘発するおそれもあるため、早めの治療が重要です。当院では患者様の症状に応じた治療を行いますので、顎の周囲に違和感を覚えたらお気軽にご相談ください。

顎関節症の原因

顎関節症は、さまざまな要因により顎に過度な負担がかかることで起こります。症状が慢性化すると、顎だけでなく全身に悪影響を及ぼすことになりかねません。以下のようなことに原因があると考えられますので、心当たりがある方は早めに相談にいらしてください。

咬み合わせの異常 咬み合わせが正しくないと顎に伝わる力が不均等になるため、一部の場所に過度な負担がかかり顎関節症の原因となると考えられています。
姿勢や生活習慣 「うつ伏せに寝る」「頬杖の癖がある」「猫背になりがち」などの習慣や姿勢は、顎や首の筋肉にかたよった負担をかけてしまうため、顎関節症の要因となると言われています。
偏咀嚼(へんそしゃく) 左右のどちらか一方の歯で咬む癖を「偏咀嚼」と言います。片側の顎に過剰な負担がかかることから、顎関節症の原因になると考えられます。
ストレス 仕事や家庭内、あるいは人間関係によるストレスは、頬の筋肉を緊張させたり、歯ぎしりを起こしたりして顎のバランスを乱す原因となります。
外傷や筋肉疲労など 「口を大きく開閉する」「頬や顎をケガして顎関節を損傷した」など物理的に大きな力が顎に加わることが、顎関節症を引き起こす原因となることがあります。

代表的な症状

顎関節症は、老若男女を問わず誰でも発症する可能性があります。また、お一人おひとり現れる症状が異なります。顎関節症の主な症状を以下にご紹介しますので、チェックしてみましょう。該当するから即それが顎関節症であるとは言えませんが、気になる症状がありましたら一度ご相談ください。

顎を動かすと痛む 飲食時や話をする際など、顎を動かしたときに痛みが生じます。
顎に炎症がある場合などは、動かさなくても痛むことがあります。
顎を動かすと音が鳴る 顎を動かすと、こめかみのあたりから「ポキッ」という音がします。
これは顎関節が正常に動いていないと考えられます。
口が大きく開けない 口を開けたときに、指が縦に3本入れば正常です。2本以下しか入らない場合は、顎関節症が疑われます。
咬み合わせが悪い 顎関節に異常が生じると、咬み合わせが乱れます。この症状は、背骨や骨盤の歪みが原因の場合もあります。
口が閉じられない 稀に見られる症状ですが、顎の骨がずれることが原因で口をきちんと閉じることができない場合があります。
耳鳴りや耳の閉塞感 顎関節周辺に炎症があると、耳鳴りや耳の閉塞感を引き起こす原因となることがあります。
頭部や顔面の神経痛 顎関節症が悪化すると、後頭部の頭痛や顔面部の神経痛を引き起こす場合があります。

治療方法紹介

スプリント療法

スプリント療法

シリコン製のマウスピースを使用して、顎にかかる力を軽減しながら咬み合わせを整え、顎関節症の症状を改善させていく治療法です。

補綴治療

補綴治療

被せ物によって咬み合わせを調整する治療法です。スプリント治療後に行う場合もあり、顎関節を正しい位置へ戻すことで症状を改善します。

矯正治療

矯正治療

歯並びの乱れが原因である場合は、矯正によって咬み合わせを正しく調整して治療します。

  • ページの先頭に戻る