そのお悩みはセラミックで解決

ムシ歯の治療に使用する銀歯はお口の中で目立つため、お口にコンプレックスを持たれる方は少なくありません。このようなお口の悩みを解決するのが審美歯科です。

術前

術後

一般的に審美歯科というと、美しさを追求することだけが目的だと思われていますが、実はそれだけではありません。金属製の詰め物や被せ物をセラミック素材に取り替えて自然な美しさを取り戻すとともに、咬み合わせを調整することでお口の機能を回復させる総合的な診療メニューなのです。口元にコンプレックスをお持ちの方、より美しい歯をお求め方はお気軽にご相談ください。

セラミックにするメリット

セラミック素材を使った治療には、金属に比べてさまざまなメリットがあります。詰め物や被せ物の治療を行う際には、これらのメリットを考慮して判断することをお勧めします。

  • 美しい見た目と自然な質感が得られる
  • 品質の劣化、汚れや色素の付着が少ない
  • 金属アレルギーのリスクがない
  • 耐久性が高く弾力性に富むため破損しにくく、周囲の歯への負担も少ない
  • 歯ぐきが変色したり、黒ずんだりしない

銀歯は金属アレルギーを引き起こす可能性があります

銀歯

ムシ歯の治療などで用いられる銀歯は、費用を抑えることができるうえ耐久性が高いですが、お口の中で目立つという見た目に問題があるだけでなく、金属アレルギーのリスクも抱えていることをご存知ですか? 銀歯を入れて数年後に、原因不明のかゆみ・肌荒れ・アトピーのような症状・頭痛などに悩まされている方も少なくないのです。

ラミック素材を使った詰め物や被せ物

当院では、金属アレルギーのリスクのないセラミック素材を使った詰め物や被せ物を使って、美しく、そしてアレルギーの心配のない歯を取り戻す治療をご提供しています。全身の健康も維持できるセラミックをぜひご検討ください。

取り扱い素材・治療法紹介

オールセラミック

オールセラミック01

オールセラミック02

特長 セラミックのみでつくられた素材。天然歯に近い透明感があり、色調の調整が可能。
メリット
  • 透明感があり審美性に優れている
  • 耐久性が高い
  • 着色や変色がほとんど見られない
  • プラーク(歯垢)や汚れがつきにくい
  • 金属アレルギーのリスクがない
デメリット
  • 比較的破損しやすい
  • 歯を削る量が比較的多い
  • 咬み合わせの歯に比較的負担がかかりやすい
  • 治療費が比較的高額になる
見た目 ★★★★★ 耐久性 ★★★★☆
ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミック01

ハイブリッドセラミック02

特長 セラミックとレジン(歯科用プラスチック)を合わせた素材。天然歯と同じような弾力が再現でき、周囲の歯への負担を軽減できるが、審美性にやや劣る。
メリット
  • 自然な見た目が得られる
  • 周囲の健康な歯に負担がかかりにくい
  • 金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • 色調はオールセラミックに比べるとやや劣る
  • 変色する可能性がある
  • 咬み合わせの状態などで、使用できない場合がある
見た目 ★★★★☆ 耐久性 ★★★☆☆
メタルボンド

メタルボンド01

特長 金属フレームの表面にセラミックを焼きつけた素材。耐久性に優れ、自然な質感の実現が可能。
メリット
  • 自然な質感が得られる
  • 奥歯などほとんどの部位への使用が可能
  • 硬度が高く、破損しにくい
デメリット
  • 歯を削る量が比較的多い
  • 色調はやや劣る
  • フレームによっては金属アレルギーのリスクがある
  • 治療費が比較的高額になる
見た目 ★★★☆☆ 耐久性 ★★★★★
ラミネートベニア

ラミネートベニア01

特長 薄く削った歯の表面に、つけ爪のような形のセラミック板を貼りつける治療。歯の形の修復などにも用いる。
メリット
  • 半永久的に白い歯が得られる
  • 比較的治療期間が短い
  • 前歯の形を整えることができる
  • 軽度の歯並びの乱れを調整できる
デメリット
  • 歯を削る必要がある
  • 使用できる部位が前歯などに限定される
  • 比較的強度に劣る
  • 治療費が比較的高額になる
見た目 ★★★★☆ 耐久性 ★★★☆☆

ホワイトニングで歯を白くしましょう

白く美しい歯は年齢を重ねるにつれてだんだん黄ばんでしまいます。また、遺伝などの先天的要因で歯が黄ばんでいる人もいます。このように着色している歯を白くする方法がホワイトニングです。

術前

術後

ホワイトニングとは、専用の薬剤を使用して黄ばみを改善し、美しい白さを取り戻す施術のことです。毎日のブラッシングでは取り除くことが困難な色素をキレイに分解し、比較的容易に歯を白くします。ホワイトニングによる歯のケアで、美しい口元を取り戻しませんか?

歯の白さが与える印象

明るい笑顔

明るい笑顔が好印象を与えてくれるように、美しい歯は清潔感のある爽やかな印象をもたらしてくれます。また、顔全体を明るくしたり、お肌を白く見せたりもし、全体的な印象によい影響をもたらしてくれます。
これに対して色素が沈着している歯からは、実際の年齢よりも老けて見られたり、口元や肌がくすんだようなぼんやりとした印象になってしまったりと、マイナスのイメージを与えてしまうことがあります。

ご自宅で自分のペースで白く……「ホームホワイトニング」

当院では、ご自宅でお好きな時間に歯を白くできるホームホワイトニングをお勧めしています。このホワイトニングは、まず当院で患者様専用のマウストレーをつくります。後は、ご自宅で薬剤をマウストレーに塗り、お口にセットするだけ。患者様のライフスタイルに合わせてお気軽にホワイトニングが行えます。効果を実感できるまでに多少時間がかかりますが、薬剤がじっくり浸透しているため、白さの後戻りがしにくい方法です。

ホームホワイトニングのメリット・デメリット
メリット デメリット
  • 低濃度の薬剤を使用するため、歯への刺激が少なく安全性が高い
  • 白さの後戻りが起きにくい
  • 自宅で施術できるため、少ない通院ですむ
  • 時間や場所を選ばず、自分のペースで施術できる
  • 奥歯もきちんと効果が見られる
  • 白さを実感できるまで、比較的時間を要する
  • 歯の色調の調整が比較的難しい
  • 施術前にクリーニングが必要
  • マウストレー装着に違和感を覚えることがある
  • 薬剤をきちんと管理する必要がある

ホワイトニングの注意点

施術前の注意
  • お口の状態によって行えない場合があります
  • 詰め物や被せ物などの人工物は白くできません
  • 抗生物質などの薬剤が原因の着色には、効果が期待できないことがあります
  • 妊娠中の方や18歳未満の方にはお勧めできません
施術中の注意
  • 歯科医師の指示に従って適切に薬剤を管理・使用してください
  • マウストレー装着前にはブラッシングをしっかり行ってください
  • マウストレー装着時の飲食・喫煙はお控えください
  • 施術中はカレーや赤ワインなどの色の濃い飲食物や喫煙は控えましょう
  • 痛みなどの違和感を覚えたら、施術をいったん中断してすぐに当院へご連絡ください
施術後の注意
  • 白さを長く持続させるために、正しい方法でブラッシングしましょう
  • 定期的に歯科医院で効果のチェックをしてもらいましょう
  • ページの先頭に戻る