自分に合った入れ歯を見つけましょう

入れ歯による治療は、ムシ歯などが原因で失った歯の機能を回復させる方法としてはとても一般的です。入れ歯には従来より「保険が適用されるものがある」「外科手術を必要としないため患者様にかかる負担を抑えられる」といった優れた特徴があります。しかし、見た目が不自然で、口を大きく開けることに抵抗のある患者様も少なくありません。また、お口の中の状態は常に変化しているため、一度つくればそれをずっと使い続けられるというものではなく、次第に装着時に違和感を覚えたり、外れやすくなったりという不具合が生じる可能性もあります。

近年では、材料の開発や技術の向上によって審美性や機能性・耐久性を兼ね備えた入れ歯がつくれるようになってきています。当院では患者様の状態やご希望に合わせて、快適に長く使用できる入れ歯をご提供します。現在お使いの入れ歯のことでお困りでしたら、まずは一度当院へご相談ください。

入れ歯のメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 他の補綴治療に比べて費用を抑えられる
  • 外科手術の必要がない
  • 治療期間が比較的短くすむ
  • 健康な歯をほとんど削らずに治療できる
  • 装着に慣れるまで違和感がある
  • 見た目が不自然なものがある
  • 咬む力が比較的弱い
  • 部分入れ歯は、周囲の歯に負担がかかる

保険と自費の入れ歯の違い

入れ歯には、保険でつくるものと自費でつくるものがあります。両者にはどのような違いがあるのでしょうか。

 

自費診療の入れ歯

自費診療の入れ歯

保険診療の入れ歯

保険診療の入れ歯

素材 多くの種類の素材から選択できる。 使用できる素材が限られている。
費用 比較的高額になる。 安く抑えられる。
外見 天然歯同様の色、質感が得られる。 品質の追求は困難。
強度 十分満足のいく強度が得られる。 ある程度十分な強度は得られる。
床部分 薄いため装着に違和感がなく、食べ物の味や温度が伝わりやすい。 厚みがあるため、比較的装着感に劣る。
使用感 微調整が可能で、自然な装着感や十分な咬み応えが得られる。 装着や咬み心地に多少の違和感を覚えることがある。
作製期間 比較的時間がかかる。 比較的短期間で作製できる。

取り扱い入れ歯紹介

レジン床義歯

床(歯ぐきにあたる部分)がレジン(歯科用プラスチック)でできた、保険適用でつくる入れ歯です。強度を維持するために床が厚くなっており、慣れるまで使用感が悪いことがあります。また、見た目にも違和感が生じてしまいます。
金属床義歯

床が金属でできた入れ歯です。床を薄くできるため装着感がよく、熱伝導率が高いため食べものの温度が伝わりやすいのが特徴です。また、耐久性も高く長持ちし、雑菌や汚れがつきにくく衛生的です。床に使う金属には、ゴールド・コバルトクロム・チタンなどがあります。
マグネットデンチャー

バネを使わず、磁石を使った入れ歯。残っている歯に磁性金属を、入れ歯には磁石を埋め込み、磁力によって入れ歯を固定します。丈夫な歯根が残っていれば適用が可能です。

自分の歯のようにしっかりと咬みたいという方はこちらをご覧ください。

  • ページの先頭に戻る