冷たい物がしみたら、ムシ歯かも知れません

「冷たい物がしみる」「歯がズキズキ痛む」このような症状はムシ歯が進行している可能性があります。ムシ歯は治療しないまま放置すると、症状が進行して最終的には歯を失ってしまうこともある恐ろしい病気です。しかし、早期のうちに発見・治療すればそれだけ負担も軽くてすみます。歯に痛みなどの違和感を覚えたら、早めに当院へご相談ください。

ムシ歯の原因

ムシ歯は「ミュータンス菌」を代表する細菌が直接の原因ですが、発症・進行には「歯の質」「食物中に含まれる糖分量」に加え、食後のブラッシングのタイミングや食事の間隔などの時間的な要因が複雑に関係しています。

【歯の再石灰化をご存知ですか?】

「歯の再石灰化」とは、だ液の働きによって歯の表面のエナメル質に歯から一旦溶け出したカルシウムやリン酸などが再び取り込まれて自然に修復されるメカニズムのことで、お口の健康維持にはとても大切な機能です。

健康なお口の中は、ムシ歯菌が出す酸によって歯が溶かされる「脱灰(だっかい)」と、それを修復する「再石灰化」がバランスよく保たれた状態にあります。しかしこのバランスが乱れると、ムシ歯が発症し、徐々に重症化していき、最終的には歯を失ってしまうことになります。

「歯の再石灰化」を促すにはだ液を常に歯の表面に触れさせておくことが重要です。また、フッ素の塗布やキシリトールの入った食品の摂取、歯科医院でのPMTCなどは効果が高いと考えられています。「再石灰化」についてのご質問やご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

歯を削らない治療「3Mix療法」

一般的にムシ歯治療というと、歯を削ったり神経を抜いたりして痛みを伴うイメージが強いと思いますが、当院ではムシ歯治療にできるだけ歯を削らずに自然修復を促す「3Mix療法」を導入しています。

3Mix療法とは、3種類の薬効の異なる抗生物質を混合して患部に投与することで、口腔内を効果的に無菌化し、体が本来持つ自然な治癒力を引き出して回復させる治療法です。ある程度重症化してしまったムシ歯の場合、これまでは患部を削ったり神経を除去したりする治療が必要でしたが、3Mix療法により神経を残すことが可能になりました。

3Mix療法のメリット
メリット1

治療期間が短い

3Mix療法の大きな特徴として、治療期間が短いことがあげられます。薬剤によって大部分にわたって無菌ができるため、通常の歯を削る治療に比べて時間を短縮させることができるのです。
メリット2

ほとんどの患者様に適用可能

3Mix療法は体への負担が少ない治療法であるため、小さなお子様から高齢の方までほとんどの患者様に対して行うことができます。また、麻酔を必要としない場合も多いため、注射時の痛みや麻酔に対する不安を感じることなく治療が受けられます。
メリット3

再発の可能性が低い

3Mix療法の目的は口腔内を無菌状態にすることです。ムシ歯や歯周病の根本的な原因となる細菌を取り除き、体の持つ自然治癒力を促して症状を改善させるため、再発のリスクを抑えることが可能になります。

当院では患者様に合わせた予防プログラムを作成しています。くわしくはこちら。

  • ページの先頭に戻る